DIYで50インチのレグザを壁掛けしてみた

子供がハイハイで動き回るようになったので、
リビングのテレビ前にベビーサークルを置いてみたら・・・
180728_テレビ壁掛けDIY_01現像

テレビ台が低いせいか、画面下側がベビーサークルで隠れてしまった。

そこで、テレビを壁掛けしようと思ったが、テレビ裏の窓があるため、
一般的な壁掛け金具だと無理そう。

なので、Amazonで片持ちアームタイプの壁掛け金具を購入。
PERLESMITHというメーカーのPSMFK1-J、2600円という安さ。
180728_PSMFK1-J_01現像


木造、鉄筋コンクリート造どちらにも対応できるよう、様々なネジ類が付属。
簡易な水平器やHDMIケーブルまで付属だが、この価格の付属品では
信頼性が微妙なため、これらは使わなかった。
180728_PSMFK1-J_02現像


本体アームは剛性が高く、かなり丈夫そうだ。
耐荷重30kgは伊達じゃない!?
180728_PSMFK1-J_03現像


本体にも水平器が付いているので、取付時に便利そう。
180728_PSMFK1-J_04現像


これがテレビ側に取り付ける金具。
レグザ50M500Xの壁掛けボルト穴は、縦200×横400なので、この形状で使用。
上部中央の丸いフックで壁側のアームに引っ掛ける仕様。
180728_PSMFK1-J_05現像


テレビ側にロゴが付いてるが、隠れてしまう。
180728_PSMFK1-J_06現像


今回使用した工具はこちら。
電動ドリルと下地センサー。
180728_テレビ壁掛けDIY_00現像


まずは、テレビ背面の壁掛けボルト穴を確認。
180728_テレビ壁掛けDIY_02現像


そこに、テレビ側の金具をボルト留め。
この時点では仮留めです。
180728_テレビ壁掛けDIY_03現像


ボルトを本締めする時は、金具を上側に持ちあげながら本締め。
これは、テレビを掛ける作業時に、金具のクリアランスでテレビがずれないようにするため。
180728_テレビ壁掛けDIY_04現像


ここで、テレビ側の金物に、テレビ画面の中心高さ位置を出しておきます。
この位置に合わせて、壁側の金物高さを決めます。
180728_テレビ壁掛けDIY_05現像


壁の下地(柱)をセンサーで探したが、窓付近はいろいろと込み合っているため、
家の図面から柱の中心位置を割り出した。
そして、壁掛け金具のレベルを決め、ゴミ養生も忘れずに!
180728_テレビ壁掛けDIY_06現像


そして、壁&柱に5.5mmのドリルで下穴を開けます。
説明書通り上中下の3つ穴を開けました。
養生しないとゴミが散らかるので要注意。
180728_テレビ壁掛けDIY_07現像


上中下の3つ穴でも十分なボルト留めできそうですが、
構造的に重要な上側に、2本の木ネジを追加しておきました。
180728_テレビ壁掛けDIY_08現像


そしてテレビ側の金物を引掛けます。
180728_テレビ壁掛けDIY_09現像


引っ掛けたフック部分の下側のネジを留めて完成です。
180728_テレビ壁掛けDIY_10現像


テレビに繋げるHDMIケーブル、録画用HDDのUSBケーブル、イヤホン延長ケーブル、
ついでに電源ケーブルも、配線モールで目立たなくすることで、
まるでテレビが浮いているような感じになりました。
180728_テレビ壁掛けDIY_11現像


これで、ベビーサークルに邪魔されることなく、テレビを楽しめます。
180728_テレビ壁掛けDIY_12現像

この壁掛け金具、2600円の割に頑丈だし、左右180度向きを変えられ、
上下のチルト機構もあるので、観易い角度に調整可能です。

デザインも良さそうな日本メーカーの高い壁掛け金具と迷ったけど、
大画面のテレビだと金具が隠れてしまうため、デザインは無視して良いと思った。

2階寝室の42インチレグザも壁掛けしようかな・・・
スポンサーサイト

テーマ : デジタル家電・AV機器
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ぷらり

Author:ぷらり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR