スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンクリート無しで、散水栓を立水栓に変更DIY

散水栓って、普段は隠れていて邪魔にならないのが良いのだけど、ウチの場合は隠す必要ないのと、
立水栓の方が便利なので、DIYで水道工事を行った。
170816_13現像


散水栓を立水栓に変更したいが、コンクリートを打ちたくない、コンクリートのDIYに不安がある。
という方向けに、コンクリート無しで、散水栓を立水栓に変更DIYを紹介。
ってか、コンクリートはプロに任せた方が良い。


まずは材料の紹介。
アルミ水栓柱、HiVP管、エルボ、継手金属バルブ、シールテープ、Hi接着剤、
ステンレスの角サドルバンド、TBC ユーロス双口横水栓 SPD11、30型アングルタテ穴450mm
170816_01現像


HiVP管、シールテープ、Hi接着剤、継手金属バルブ、エルボ
170816_03現像


カクダイ メタルネジ口金 567-011、TBC ユーロス双口横水栓 SPD11
170816_02現像


30型アングルタテ穴450mm、ステンレスの角サドルバンド
170816_04現像


ステンレスの角サドルバンドは、家の壁などに水栓柱を固定するための金物だが、
これと穴あきアングル材を組み合わせて十字型に足を作る。
こうすることで、コンクリートで固めずに、土を被せるだけで転倒防止になる。
170816_05現像


次は、水栓柱の下側の穴に継手金属バルブを取り付けるのだが、
巻き数が少ないと失敗するので・・・
170816_06現像


ネジ穴との締まり具合を見ながら、シールテープの巻き数を調整する。
170816_07現像


継手金属バルブは、大きめのレンチで締めた方が良さそう。
170816_08現像


同様に、シールテープを巻いて、蛇口も取り付けます。
170816_09現像


HiVP管を繋ぐ部分には、軽くヤスリで目荒らししておくと、接着剤の付きが良いかも?
よく考えたら、接着剤で溶接するから、あんまり意味なかったか。
170816_10現像


水栓柱を埋め込む際に、泥がで汚れないよう、継手金属バルブは養生しておきましょう。
170816_11現像


下準備を終えたところで、いよいよ散水栓を掘りかえします。
170816_13現像


散水栓周りのレンガや石を移動し、散水栓ボックスを外すと、HiVP管と蛇口が出てきました。
170816_14現像


ある程度掘ったところで、水栓柱を位置決めしながら、アングル足が地面に干渉しないか、
調整しながら少しずつ掘ります。
170816_15現像


水栓柱の位置が決まったら、水道の元栓を閉め、HiVP管を切断し、
エルボを利用して継手金属バルブに繋ぎます。
ちなみに、HiVP管は木工用ノコギリで簡単に切断できます。
接着剤を乗ったら、手早く接続しましょう。
170816_16現像


30分~1時間程度経ったら、水道の元栓を開き、水漏れがないかチェック。
特に接合部を念入りにチェックします。
170816_17現像


水漏れをチェックしたら、埋め戻すのですが、まずはHiVP管の下側まで、
少しずつ踏み固めながら埋め戻します。
170816_18現像


このTBC ユーロス双口横水栓 SPD11は、蛇口が2口付いており、
手洗い用とホース用に分かれているのですが、
170816_19現像


ホース取付側を、カクダイ メタルネジ口金 567-011に交換することで、
170816_20現像


ホースをワンタッチ接続できるようになります。
170816_21現像


最後に、水栓柱まわりにレンガや砂利を敷き、施工完了。
あくまで散水栓を地上に移動し、便利に散水や洗車できるようにするのが目的で、
水受け・ガーデンパンなどは邪魔なので、付けませんでした。
170816_23現像


こちらが、ビフォー。
170816_12現像


そして、アフター。
170816_22現像


以上が、コンクリート無しで、散水栓を立水栓に変更DIYでした。
水栓柱をある程度の長さ埋めることでも、転倒防止になるようだが、
アングル材で足を作った方が安心です。

そして、大事なことだからもう一度言うが、コンクリートの施工はプロ(職人)に任せておけ!
スポンサーサイト

テーマ : 分譲住宅・注文住宅・賃貸情報
ジャンル : ライフ

プロフィール

ぷらり

Author:ぷらり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。