スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ORi BIKE M10 やっぱりキャリア仕様に戻した

先日、友人のオルトリーブ製パニアバッグを、ORi BIKE M10に試着する機会があった。
とりあえず後輪泥除け&キャリアだけ付けて、バッグ取り付け。

が、しかし、キャリアのパイプ径が太く、取り付け不可。
あれ?おかしいなぁ?
この前の潮来ポタリングの時は、パイプ径に問題なかったはず!

どうやら、自転車歴が長い友人のパニアバッグは古いらしく、
細径パイプにしか付かないようだ。

別の友人のスポーツパッカークラッシックを試してみたら、装着OK!
輪行ローラーの改良により、後ろ寄りに取り付ければ、カカトの干渉も無し!


というわけで、やっぱりキャリア仕様に戻した(笑)
130622_01前泥除け純正

後の泥除け&キャリアだけでは、折りたたむと前泥除けが、こんなに浮いてしまう。
130622_02前泥除け純正折りたたみ

この状態で転がすと、前輪側に転倒するので、前泥除けもキャリア仕様に交換します。
前泥除けの作業は、ちょい面倒。
130622_03前泥除け交換作業

さすがに2回目ともなると、あっさり交換できました。
130622_04前泥除けキャリア仕様

さて、問題は後の反射板。
輪行ローラーを内側に寄せることで、反射板を取り付けるスペースがなくなってしまった。
反射板は、必須の安全装備なので、何とかして取り付けなければ。

シートポスト用の部品を利用してみたが、何だかイマイチ。
130622_05後反射板1

ちょっと工夫して結束バンド留め。
コレでいこう!
130622_06後反射板2

そんな感じで完成。
130622_10反射板OK

折りたたみ状態でも、いろいろ干渉無し。
130622_09折りたたみ反射板干渉なし

フロントフォークも浮きまくり(笑)
130622_08フロントフォーク

やはり5輪化の安定感はハンパない。
130622_07前泥除けキャリア仕様折りたたみ
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ORi BIKE M10 キャリアレス仕様

軽量化のために、キャリアを外してみたが、やはり輪行のことを考えると・・・
きっと、またキャリアを付けてしまうだろう(笑)

と、その前に、オリバイクM10のキャリアレス仕様を考えてみた。

ちゃんと安全性も考えた仕様だ。


まずは、右側。
130609_ORIBikeM10_01本体右現像

やはり白ローラーだと、落ち着いた印象だ。
というより、オレンジが派手すぎるだけか(笑)
130609_ORIBikeM10_02本体左現像

キャリアが無いだけで、スッキリ!
130609_ORIBikeM10_03ローラー交換現像

白ローラーのロゴを内側にして正解。
外見は、なるべくシンプルに。
130609_ORIBikeM10_04ローラーアップ現像

リアライトをサドル下に付けているため、反射板は後輪横に移設。
130609_ORIBikeM10_05後テールサドル現像

スタンド取り付けボルトと同じ位置のネジ穴を利用してます。
チェーンとの干渉も無し。
130609_ORIBikeM10_06反射板現像

折りたたみ時も干渉無し。
130609_ORIBikeM10_07折りたたみ反射板現像

もし、キャリアレス仕様にしたら、やはりバッグをリクセン化し、
アタッチメントエクステンダーCK810をリクセンクイック化するのだろう。
そうなると、サドル下のリアライトが邪魔になる。


そこで、リアライトを移動。
リクセン化したバッグを付けてもリアライトが見える位置となると、後輪近く。
ここにブラケットを取り付けた。
130609_ORIBikeM10_08テールライトブラケット現像

ここなら後ろから見えるかな!?
130609_ORIBikeM10_09テールライト現像

なんとなく視認性は大丈夫そうだけど、実際に試してみなきゃわからないか。
130609_ORIBikeM10_10後テール後輪現像

リアライトも、折りたたみ時に地面との干渉無し。
130609_ORIBikeM10_11折りたたみテールライト現像

ブロンプトン駐輪だって、できちゃいます!
130609_ORIBikeM10_12ブロンプトン駐車現像

とりあえず、この状態で様子見。
130609_ORIBikeM10_13折りたたみ右現像

落ち着いた印象だけど、個性が無くなった感が・・・
130609_ORIBikeM10_14折りたたみ左現像

そして、このギリギリフロントフォークも何とかしたい。
130609_ORIBikeM10_15折りたたみフロントフォーク現像

っていうか、地面に着いてるし(笑)

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ORi BIKE M10 輪行ローラーを交換

この前断念したオリバイクのパニアバッグ妄想・・・
このキャリア後側に付いた輪行ローラーが干渉するのが原因だった。
耐久性を考え、インラインスケート用の大径80mmウィールを付けたから仕方ない(笑)
後輪キャリア付DSC02820現像

これを何とかキャリア内側に配置できないか、試行錯誤してみた。
130608_オリバイク02純正キャリアローラー外側現像

そう、この内側だ。
130608_オリバイク03純正キャリアローラー内側現像

試しに内側にウィールを移設・・・できない!?
80mmではギリギリキャリアに当たってしまい、取り付け不可能だった。
当時、かなり硬めの92Aというウィールは、このラベダ アスファルト 80mmしか無かった。
130608_オリバイク06ラベダアスファルト干渉現像

そこで、ネットで小径ウィールを探したが、今はより大径化が流行りなのか、
80mm以上、中には100mmなんてのもあった。
76mmや72mmなんて、ほとんど見あたらないし、あっても80Aとか柔らかめばかり。

まぁ、輪行用と考えれば十分なのだが、柔らかい=劣化が早そうな気がするので、
ちょっとお茶の水のスポーツ街まで探しに行ってみた。

72mmなんてのはほとんど見あたらず、あっても高い。
しかし、ある大手量販店に行ったら、掘り出し物発見!
130608_オリバイク01白ウィール現像

BULLZEYEなんて聴いたこと無いが、76mmの処分品で、半値の1490円なり~
ちゃんとパッケージに入っていたので、経年劣化もしてないし、硬さもまぁまぁの82A。
今回は、あまり目立たない白にした。

せっかくお茶の水に来たので、インライン専門店で6mm用のベアリングスペーサーも購入。
左が現在使用中の15年モノ、右が購入した新品スペーサー、どちらもアルミ製。
ちなみに、1個150円。
130608_オリバイク04ベアリングスペーサー現像

このベアリングスペーサーの役割は、軸精度を確保し、軸ブレを防止するのだ。
M6ボルトを通せば、輪行ローラーとしては十分機能する。
8mmボルト用のスペーサーもあるが、自転車用では太径は重量増なので、6mm用を選択。
130608_オリバイク05ベアリング現像

早速、ベアリングを再利用して
130608_オリバイク07ウィール比較現像

新品のベアリングスペーサーで取り付け。
こうして見ると、白い方がちょっと小径なのがわかる。
130608_オリバイク08ウィールベアリング装着現像

そして、いよいよキャリア内側に装着・・・できた!
見事に思惑通りのクリアランスを確保。
130608_オリバイク09BULLZEYE内側装着現像

前後に付けた場合のイメージ。
これなら、パニアバッグも付けられそう!?
カカトに当たらないよう後側に寄せるので、ちょうど良いかも。
130608_オリバイク10BULLZEYE&キャリア現像

内側に寄せると、キャリア上側の積載性は犠牲になるが、仕方ないか。
130608_オリバイク11BULLZEYE&キャリア現像

80mmから76mmに変わったところで、輪行時の便利さは変わらないでしょう。
130608_オリバイク12BULLZEYE&キャリア現像

とりあえず、いつでもキャリア4輪化、もとい五輪化できるよう、この状態で待機。
130608_オリバイク13BULLZEYE&キャリア現像

そうそう、ラベダのアスファルトは、今まで輪行時に役立ってくれましたが、お蔵入り。
さすが92Aの硬さ、3700円もしたけど、その耐久性は抜群で、全くすり減ってなかった。
でも、お蔵入り。
130608_オリバイク14ラベダアスファルトお蔵入り現像


あとは、軽量化を目指すか、便利な五輪化&パニアバッグにするか、迷うなぁ~

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ORi BIKE M10 キャリア外してちょっと軽量化してみた

ここ最近のオリバイクM10

パーツの付け過ぎで重量増。
ノーマル10.7kg → 現状カスタム14.3kg(笑)
130317_TL-LD610_取付下2

パニアバッグ妄想は、輪行ローラー干渉で断念。
ORiキャリア左側ウェーブホワイトグレー

サドル外さないとクルマに積めない。
130601_04_オリバイクトランク収納


なんか、良いことないなぁ~

でも、めげずにカスタム計画中。


パニアバッグを断念したので、キャリアを外してみよう!
軽量化だ!


という訳で、さっそくオリバイク純正リアキャリアを外してみた。
ビフォー&アフター風に。
130602_比較_後輪キャリア

外した純正キャリアがコレ。
いかにも重そう。
ローラー改造しているので、船みたい(笑)
130602_キャリアDSC02822現像

ちなみに、キャリアを外すと小さい純正ローラーに交換となり、
一応、輪行のことを考えられているようだ。
でも、この小さなローラーでは、駅のコンコースくらいなら良いが、
アスファルトの凸凹は転がらないぞ!
130602_元ローラーDSC02824現像

なので、せっかく買った80mmの大型ローラー、ラベダのアスファルト92Aも再利用。
130602_比較_ORIBikeM10左

これで折りたたみ時の輪行も楽ちん・・・

!?

前輪泥除けのローラーが干渉して、折りたたんだら安定しない。
それどころか、立たない。
130602_前ローラー干渉DSC02835現像

そういえば、オリバイクの純正オプションであるキャリア付き泥除けは、
前輪泥除けもセットだった!
12000円もする高価なリアキャリアセットだった!

確か、この前輪泥除けの交換は、面倒だったような・・・
そう、オリバイクは、その前輪のトリッキーな折りたたみ機構のおかげで、
後輪よりも前輪まわりの方が、作業が大変なのだ。

ここで諦めるわけにはいかないので、作業続行。
パンク修理時の練習にもなるし。
レッツ、トライ!

まずは前輪を外すのが大変だったような・・・

あれ?
簡単に外れた(笑)
130602_前泥よけ交換DSC02836現像

前輪泥除けも簡単に交換できた!

そして、ビフォー&アフター風に。
130602_比較_ORIBikeM10右

この前輪泥除けの違いは、折りたたみ時のキャリア高さに合わせた仕様となっている。

折りたたみ状態の比較。
輪行ローラーは2輪だけになったが、後輪が地面に付いて転がせるので、楽ちんだ。
高さも低くなったので、これならサドル外さなくても、クルマに詰めるかも。
130602_比較_折りたたみ左

フロントフォークが地面ギリギリになった。
前輪泥除けに付いたローラーも小さくて心許ない。
130602_比較_折りたたみ右

試しに転がしてみたら、路面の凹凸具合によっては、フロントフォークを擦ってしまう。
そこで、後輪側に傾けて、ローラー1輪&後輪で転がしてみたら、
ちょっと気を使うけど、転がすのは楽だった。

結局、外したり交換したりで残ったパーツはコレ。
純正オプションのリアキャリアセットだった。
あたりまえか(笑)
130602_前泥よけ&キャリアDSC02847現像


さてさて、今回のキャリア外しによる軽量化は・・・重量13.2kgでした。

前回の重量が14.3kgだったので、1.1kgの軽量化。

あとは、積載性の確保をどうするかだが、やはりリクセン化を利用するしかないのか!?

でも、やっぱりパニアバッグは魅力的~

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ORi BIKE M10 パニアバッグ断念・・・

先日の潮来あやめ祭りで嫁入り舟ポタリングの時に、
友人のパニアバッグ、まさにシミュレーションで妄想した
バックローラークラッシックをキャリアに試着してみた。

が、しかし、カカトに干渉。
位置を調整しようにも、輪行ローラーに干渉。
後輪キャリア付DSC02820現像

こうして見ると、前後輪行ローラー間の距離が小さい。
輪行ローラーを外せば取付可能だが、それでは利便性が失われ、キャリアの意味が無い。

スポーツパッカークラッシックならイケそうな気もするが・・・
やはり輪行ローラーとの干渉が心配だ。

という訳で、パニアバッグは諦め、方針転換。

さてさて、どうなることやら・・・

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

潮来あやめ祭りで嫁入り舟ポタリング

今年は梅雨入りが早く、ポタリングもタイミングが重要な時期になってきた。
土日の天気が気になっていたが、6月1日は運良く晴れ予報となったので、
急遽、潮来あやめ祭りポタリングに行ってきた。

ルートは潮来水郷~佐原小野川古い町並みの往復ポタリング。
130601潮来~佐原ポタリング

詳しくはこちら。
20130601潮来~佐原ポタリング

潮来あやめ祭りと言えば、嫁入り舟が有名らしく、
土日は一般公開で嫁入り舟イベントが見られるらしい。
130601_01_潮来あやめ祭りポスター

首都高の朝渋滞にハマりつつ、ようやく前川あやめ園に到着。
130601_01_前川あやめ園

嫁入り舟イベントまで、少し時間があるので、あやめの花をしっかり堪能。
比較的、客の年齢層は高めでした。
130601_01_あやめ満開

これは、嫁入りと同じルートを体験できる舟&船頭さん。
ちょっと気になったが、別の観覧船に乗る予定なのでスルー。
130601_01_船

そして、いよいよ嫁入り舟の登場です。
およそ1000人くらいの客に見送られ、ゆっくりと水路を流れていきます。
まさに公開披露宴のよう。
130601_01_潮来嫁入り舟

嫁入り舟を見た後は、少し早めのランチ。
わかさぎ定食は、川魚だからなのか、ちょっと泥臭い。
130601_02_わかさぎ定食

さきほど書いた、別の観覧船とは、茨城県~千葉県の県境をまたぐ、十二橋めぐり。
最大12人乗りのボートに乗り、水門を通り抜け、12の橋をくぐるコース。
130601_03_十二橋めぐり船

水門が見えてきました。
実はこの水門、川の水位を調整するためのもので、昔の交通手段は水路がメインだったので、
かなり重要な施設。
130601_03_水門

水門の中に入り、水位調整完了後に、出口の水門オープン!
130601_03_水門オープンJPG

細い水路、船頭さんの話に合わせて進むのは、まさにリアルジャングルクルーズ。
途中、野生のアオサギがいたり、商店のような場所もありました。
130601_03_水路商店

その船頭さんというのが、御年79歳のおばあちゃん!
舟を操舵しながら、様々な話を聞かせてくれました。
130601_03_船頭79歳


そんなジャングルクルーズ、もとい十二橋めぐりを楽しみ、いよいよポタリング開始。

さすがに茨城県潮来市は遠く、電車の便も悪いため、今回はクルマに積んで行きました。
クルマを買い換えたので、トランクにオリバイク1台、後部座席にルイガノ1台。
2人+2台しか積めなかった。
今回は6人+6台なので、クルマ3台で運びました。

ちなみに、オリバイクはサドルを外さないとトランクに入らない(笑)
キャリア&ローラーのせいか、折りたたんでも意外と高さがあるのね。
130601_04_オリバイクトランク収納

ちゃんとバックル付きのナイロンバンドで留めました。
130601_04_オリバイクトランク留め

が、実は後部座席のルイガノの方が心配だったりして(笑)

さて、今回の装備はドイターのコンパクト12EXPのみ。
防寒着や雨具、携帯ツールだけ。
130601_04_オリバイク装備

水郷ということで、まずは与田浦から川沿いリバーサイドを進みます。

さすが川沿い、ザリガニが横断してました。
負傷してたので、川へ放流。
130601_04_ザリガニ

しばらく行ったところで、利根川サイクリングロードに到着。
少し肌寒いと思ったが、走り出すと快適な気温。
130601_04_サイクリングロード

どういうわけか、ハンドルに植物の実が!
どこを通ってきたんだろう・・・
130601_04_ハンドル植物

そんなことは気にせず、サイクリングロードを進みます。
誰ともすれ違わず、路面も平坦で快適な道でした。
130601_04_ポタリングロード

利根川を渡ると千葉県佐原市。
小野川沿いの古い町並みを観光します。
130601_05_佐原小野川古い町並

古い家屋の中、ひときわ目立ったのがこの立派な建物。
新しいので、おそらく復旧されたのかな。
130601_05_古い町並

小野川沿いに6台整列。
左から、ルイガノ赤、オリバイクM10、ターンのヴァージュP18、ルイガノ特攻隊長、ターンのリンクP9、ルイガノ白。ルイガノだらけ(笑)
130601_05_6台整列

だんご屋も風情がありますね~
130601_05_だんご屋チャリ

寒さと空腹で限界、ハンガーノックに要注意!
さっそく、だんごを焼いてもらいました。
130601_05_だんご屋

左から、コーヒーあん、ずんだ、みたらし。
コーヒー風味は意外と美味しかった。
130601_05_だんご

エネルギー補給したところで、潮来へ戻ります。
が、いかだ焼きなるお店を発見。
気になったので入店。
130601_06_いかだ焼き

いかだ焼きとは、こんな佃煮。
ワカサギ、シラウオなどの小魚を数尾横に並べて串を打ち、いかだ状にして焼いた料理でした。
さっそく、お土産(つまみ)を購入。
130601_06_いかだ焼きお土産


帰りのルートは、特攻隊長のナビ頼り。
何も無い田んぼを、ひたすら進みます。
目印がないので、どこを走っているか不明(笑)
そして向かい風がツライ!
防寒着必須!
だけど、服がパラシュート状態(笑)
130601_04_田んぼポタリング

潮来に着いてチャリをクルマに積み込み、夕食は喜多方ラーメン坂内へ。
チャーシュー自慢の店で、美味しく満腹になりました。
130601_06_喜多方ラーメン坂内

今回の走行距離、約27km。
梅雨の合間の貴重なポタリングでした。

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ぷらり

Author:ぷらり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。