スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018年にリニューアルされたYKKのアウターシェードをDIYで取り付け

昨年の7月に、西日対策で取り付けたYKKのアウターシェード、今年7月の猛暑でも、
風を通しながらも、西日からの熱波を驚くほど防いでくれてます。

ちなみに、2017年7月のブログはこちら:足場の無い2階窓に、YKKのアウターシェードをDIYで取り付け

その効果は、一級建築士として客観的に評価しても、夏の日差しの強い地域なら、
網戸と同じくらい重要なオプションなのでは?と思うほど。
むしろ、デフォルトで付けても良い気がする!

リクシルからもスタイルシェードという、オシャレで簡単取り付け可能な商品が出ているが、
アナノンという簡単取り付け方法だと、耐風荷重や耐久性に疑問を持ってしまうのは、
構造設計一級建築士としての性か(笑)

まぁ、サッシがYKKなら、同じメーカーのアウターシェードにしておけば、間違いないよね!

さて、今年は猛暑で、ウチは東西南北が近隣建物と離れており、特に東西は開けており、
寝室の東側の窓にも日射対策が必要になりそうだ。
ついでに、北の部屋は天窓からの日射もあるから、東側の窓だけでも日射対策をしておきたい。
ということで、今年もアウターシェードを2箇所分注文しました!

ホームセンターで昨年と同じ条件で注文した時に気付いたのだが、
どうやら、2018年4月にリニューアルされ、日射カット率が最大のブラウン色でも、82% → 90%に大幅アップ!
紫外線カット率も、最大79.5% → 88.6%に大幅アップ!
これは、期待できそうだ!

実は、このリニューアルで最も評価すべきところは、シャッターにも取り付け可能になった点で、
今まではシャッターがある場合は壁に穴を開けてネジ留めだったのが、シャッターに直付け可能になった。
これで、1階のシャッター付き窓にも、簡単にDIYできそうだ!
http://www.ykkap.co.jp/company/japanese/news/detail.html?s=20180327
https://www.ykkap.co.jp/products/ex/item/series/outershade/variation/

発注後、しばらくして予定通り注文の品が到着し、型番を確認すると、7から始まる型番になってました。
ちなみに、昨年までは、5から始まる型番でした。
180729_YKKアウターシェードDIY_01現像


もちろん、サッシ取付用の金物、7AN-GC(7AN-GC-Aと7AN-GC-Bのセット)も一緒に注文しておきました。
180729_YKKアウターシェードDIY_02現像

サッシ取付用金物は、ネジ類もセットで、ネジには緩み防止剤のようなものが塗布されてます。
参考までに、アウターシェードとサッシ取付用金物が2セット分で、53,600円でした。
施工費込みだと、約10万円弱なので、迷わずDIYします!
180729_YKKアウターシェードDIY_03現像


さて、リニューアルされて説明書に『ボックスの形状が変更されました』と書いてあったのだが、
昨年の形状に比べて・・・
180729_YKKアウターシェードDIY_05旧品現像


今年の形状は、ちょっと変わった?って感じ。
正直、言われて初めて、よく見れば分かる程度で、外から見たら気付かないレベル(笑)
なので、いつになるか分からないが、アウターシェード本体の交換時期が来ても、
デザインの違いを心配する必要なし。
もっとも、さらに形状が変わる可能性も無くはないのだが・・・
180729_YKKアウターシェードDIY_04現像


今回のリニューアルで最も変わった点である生地については、日射カット率が大幅アップしたことに加え、
今年から表裏で色を変え、日中外から室内が見えにくくなったようです。
確かに、同じブラウンでも、昨年より色が濃くなりました。
詳しくは、YKKのサイトでご確認を!
180729_YKKアウターシェードDIY_06現像


さて、これからアウターシェード取り付けDIYの説明です。
昨年は写真撮る暇なかったけど、今回は慣れたもので、写真を撮りつつ一人で簡単に取り付けられました。

使用した工具類は、以下となります。
・3段くらいの小型脚立(高身長なら不要かも)
・ポンチ(今回は小型の+ドライバーで代用)、ゴムハンマーまたは木づち
・ドリル穴あけ時のサッシ裏当て用の木片、木片を留めるガムテープまたは養生テープ
・電動ドリル、ドリル径4.5mm
・手回しプラスドライバー
・電動ドリル用+ドライバービット

まずは、ネジ穴位置出し用の型紙シールを、サッシ左右の上下に貼り付けます。
これがあるだけで、寸法を測る必要が無くなるので、DIYにやさしい商品だと思いました。
180729_YKKアウターシェードDIY_07現像
180729_YKKアウターシェードDIY_08現像


次に、型紙シールの穴位置に、ポンチで刻印します。
裏から見て、少し凹むのが分かるくらい跡を付けます。
この時、ポンチをやり過ぎると、サッシ枠が少し変形しますが、後でネジ留めする時に戻るので、気にしないこと。
180729_YKKアウターシェードDIY_09現像


ポンチの刻印をガイドとして、4.5mmのドリル穴を開けるのですが、貫通して余計なキズを防止するためと、
ドリルでサッシを変形させないために、適当な木片をテープで留めておきます。
180729_YKKアウターシェードDIY_10現像
180729_YKKアウターシェードDIY_11現像


そして、窓外に落下しないよう注意してサッシに跨り、窓外から4.5mmのドリルで穴を開けます。
できれば、室内で誰かに足を押さえてもらった方が良いでしょう。
まぁ、この辺の安全対策は自己責任ってことで。
180729_YKKアウターシェードDIY_12現像


これでサッシの加工は完了です。
穴の位置が微妙にずれていたとしても、ネジ穴のクリアランスで調整できるので、気にしないこと。
安全にさえ気を付ければ、作業は意外と簡単です。
180729_YKKアウターシェードDIY_13現像
180729_YKKアウターシェードDIY_14現像


次に金物の取り付けですが、アウターシェード本体に付属のフックとネジ類を取り出し、
180729_YKKアウターシェードDIY_15現像


上側に付けるアウターシェード本体を受ける金物は、事前にサッシ取付用金物と組み立てておきましょう。
金物が小さな板だけだと、ネジ留め作業時に持ちにくいためです。
ちなみに、下側に付ける金物はコの字形状なので、そのままの方がネジ留めし易いです。
180729_YKKアウターシェードDIY_16現像


ようやく金物の取り付けですが、サッシ内側の細い金物部分は持ちにくいので、
これもテープで留めておくと、作業が楽になります。
180729_YKKアウターシェードDIY_17現像


ネジが小さく短いので、落とさないよう細心の注意を払いながら、ネジ留めします。
上側は、事前にフックを付けてないと、持ちにくくて大変です。
ネジ留めは、小型のプラスドライバーがあると便利です。
180729_YKKアウターシェードDIY_18現像


下側は、フックが付いていると、逆にネジ留めの邪魔になるので、先にコの字金物だけ取り付け、
その後フックをネジ留めしました。
最後に、全てのネジを電動ドリルで本締めしたら金物取り付け完了です!
ただし、下側のフックだけはプラスチックなので、トルクに注意です。
この本締めの時に、ポンチで少し変形していたサッシも締め付けられ、元に戻ります。
180729_YKKアウターシェードDIY_19現像


そして、いよいよアウターシェード本体の取り付けです。
これも慣れれば一人で取り付けられますが、落とすのが心配な方は二人で窓の両側から作業しましょう。
この辺も自己責任で!

アウターシェードの施工性が優れている点のひとつが、上のフックに引っ掛けるだけで仮留めできることです。
仮留め後に、左右の位置調整をして、本体内蔵の動くナット?ネジ受け部品?の位置を合わせて、
180729_YKKアウターシェードDIY_20現像


ネジが入ったら、最後に電動ドリルで本締めして、アウターシェードの取り付け完了です!
2箇所目は写真撮らずに作業したら、一人でも1時間掛かりませんでした。
180729_YKKアウターシェードDIY_21現像


遠目に見ると、シェードがあっても違和感ありません。
やはり、デフォルトで付けるべきだと思います。
すだれとしては高いけど、後付けDIYで1箇所当たり26,800円なら、
いつでも開閉可能な点と、数年~十数年くらいは耐久性がありそうなので、
建築士としても一般人としてもオススメです。
180729_YKKアウターシェードDIY_22現像


これで、東側の朝日で暑くて起きることはなくなるでしょう!
休日はゆっくり寝坊できそうです(笑)

残るは1階の東西の窓ですね。
西側はゴーヤのグリーンカーテンで風通しを確保しつつ暑さを凌いでますが、今年は植物が成長する前に
7月の猛暑が来てしまったので、今はシャターを閉めて日射を防いでいるのが現状です。
風通しも無くなるため、エアコンの稼働率が上がってます。
180729_ゴーヤカーテン02現像


やはり、リニューアルされたシャッター対応金物で、1階もアウターシェードを付けろということか?
http://www.ykkap.co.jp/company/japanese/news/detail.html?s=20180327
スポンサーサイト

テーマ : 分譲住宅・注文住宅・賃貸情報
ジャンル : ライフ

コンクリート無しで、散水栓を立水栓に変更DIY

散水栓って、普段は隠れていて邪魔にならないのが良いのだけど、ウチの場合は隠す必要ないのと、
立水栓の方が便利なので、DIYで水道工事を行った。
170816_13現像


散水栓を立水栓に変更したいが、コンクリートを打ちたくない、コンクリートのDIYに不安がある。
という方向けに、コンクリート無しで、散水栓を立水栓に変更DIYを紹介。
ってか、コンクリートはプロに任せた方が良い。


まずは材料の紹介。
アルミ水栓柱、HiVP管、エルボ、継手金属バルブ、シールテープ、Hi接着剤、
ステンレスの角サドルバンド、TBC ユーロス双口横水栓 SPD11、30型アングルタテ穴450mm
170816_01現像


HiVP管、シールテープ、Hi接着剤、継手金属バルブ、エルボ
170816_03現像


カクダイ メタルネジ口金 567-011、TBC ユーロス双口横水栓 SPD11
170816_02現像


30型アングルタテ穴450mm、ステンレスの角サドルバンド
170816_04現像


ステンレスの角サドルバンドは、家の壁などに水栓柱を固定するための金物だが、
これと穴あきアングル材を組み合わせて十字型に足を作る。
こうすることで、コンクリートで固めずに、土を被せるだけで転倒防止になる。
170816_05現像


次は、水栓柱の下側の穴に継手金属バルブを取り付けるのだが、
巻き数が少ないと失敗するので・・・
170816_06現像


ネジ穴との締まり具合を見ながら、シールテープの巻き数を調整する。
170816_07現像


継手金属バルブは、大きめのレンチで締めた方が良さそう。
170816_08現像


同様に、シールテープを巻いて、蛇口も取り付けます。
170816_09現像


HiVP管を繋ぐ部分には、軽くヤスリで目荒らししておくと、接着剤の付きが良いかも?
よく考えたら、接着剤で溶接するから、あんまり意味なかったか。
170816_10現像


水栓柱を埋め込む際に、泥がで汚れないよう、継手金属バルブは養生しておきましょう。
170816_11現像


下準備を終えたところで、いよいよ散水栓を掘りかえします。
170816_13現像


散水栓周りのレンガや石を移動し、散水栓ボックスを外すと、HiVP管と蛇口が出てきました。
170816_14現像


ある程度掘ったところで、水栓柱を位置決めしながら、アングル足が地面に干渉しないか、
調整しながら少しずつ掘ります。
170816_15現像


水栓柱の位置が決まったら、水道の元栓を閉め、HiVP管を切断し、
エルボを利用して継手金属バルブに繋ぎます。
ちなみに、HiVP管は木工用ノコギリで簡単に切断できます。
接着剤を乗ったら、手早く接続しましょう。
170816_16現像


30分~1時間程度経ったら、水道の元栓を開き、水漏れがないかチェック。
特に接合部を念入りにチェックします。
170816_17現像


水漏れをチェックしたら、埋め戻すのですが、まずはHiVP管の下側まで、
少しずつ踏み固めながら埋め戻します。
170816_18現像


このTBC ユーロス双口横水栓 SPD11は、蛇口が2口付いており、
手洗い用とホース用に分かれているのですが、
170816_19現像


ホース取付側を、カクダイ メタルネジ口金 567-011に交換することで、
170816_20現像


ホースをワンタッチ接続できるようになります。
170816_21現像


最後に、水栓柱まわりにレンガや砂利を敷き、施工完了。
あくまで散水栓を地上に移動し、便利に散水や洗車できるようにするのが目的で、
水受け・ガーデンパンなどは邪魔なので、付けませんでした。
170816_23現像


こちらが、ビフォー。
170816_12現像


そして、アフター。
170816_22現像


以上が、コンクリート無しで、散水栓を立水栓に変更DIYでした。
水栓柱をある程度の長さ埋めることでも、転倒防止になるようだが、
アングル材で足を作った方が安心です。

そして、大事なことだからもう一度言うが、コンクリートの施工はプロ(職人)に任せておけ!

テーマ : 分譲住宅・注文住宅・賃貸情報
ジャンル : ライフ

駐車場の防草シート部分を、インターロッキングにDIY

家を購入してちょうど一年が経ち、改造・改善したいところが見えてきた。
1つ目は、西日対策にアウターシェードをDIYで取り付けた。

今回、2つ目は、駐車場のクルマを停めている場所のちょうど真下が、土&防草シートな上に、
周囲のコンクリートとの段差があり、つまづく危険性があるので、何とかしたい。
そこで、この部分を段差のないインターロッキングにDIYしようと思った。

防草シートの状態、いわゆるビフォー。
シートがあるので、泥でぐちゃぐちゃになったりはしないが、段差があるのでちょっと危険。
元は明るい緑色の人工芝風防草シートだったが、剥がれそうだったので、
上からさらに防草シートで覆って応急処置していた。
170715_01現像


シートを剥がすと、土で埋めてある状態。
170715_02現像


1年ほど踏み固められたせいか、スコップで掘るのに、ひと苦労。
少し掘ると、地盤改良されているのが分かったので、砕石は不要と判断。
170715_03現像


そのまま掘削を続けていると、中央付近でかなり大きな塊を発見!
たがねとハンマーでもビクともしないということは、余ったコンクリートを流したに違いない。
周りを掘って塊ごと剥がせたので、事なきを得た。
170715_04現像


それにしても、かなり大きいな・・・
170715_05現像


そんなこんなで、掘削完了!
170715_06現像


ここで、事前に木材で作っておいた、レベル確認&砂ならし用トンボを兼ねた自作レベラーの登場!
これで、だいたいの掘削レベルを確認します。
170715_07現像


砂を敷く前に、畑や花壇から出てきた小石・砂利・その他を埋めて、水はけを良くします。
170715_08現像


ようやく、インターロッキングの下地となる、砂を投入。
今回は細目の川砂を採用。
約3cmの砂を敷くので、約100kgの砂を準備したが、計算通りの量でした。
170715_09現像


20kgの砂を5袋、じゃんじゃん投入します。
170715_10現像


砂を入れながら、トンボ代わりの自作レベラーでならしていきます。
170715_11現像


砂ならし→踏み固め→砂ならし→踏み固めを繰り返しながら、砂のレベルを調整していき・・・
170715_12現像


最後は自作レベラーでインターロッキングと周りのコンクリートのレベル合わせ確認。
170715_13現像


砂レベル調整が終わったら、インターロッキングを並べていきます。
170715_15現像


が、端までピッタリ敷き詰められず、インターロッキングブロックを削る必要が出てきました。
170715_14現像


そこで登場するのが、ディスクグラインダー&ダイアモンドカッター。
嫁の実家から借りてきた年代物。
よく見ると、マキタ製でした。
回転系の電動工具は、軍手では巻き込まれる危険性があるため、厚手の皮手も用意。
ホントは素手がいいらしいという意見もあるようですが、自分は皮手派です。
170715_16現像


インターロッキングを現場合わせで削って微調整し、どんどん敷き並べていきます。
が、後ちょっとのところで、年代物のディスクグラインダーが故障。
ホームセンターで原因を探ってみたが、古過ぎて治るか不明とのこと。
170715_17現像


どうせ買う予定だったので、ディスクグラインダーも購入。
プロ用は高いので、DIY向けのRYOBI製G-1022Hにしました。
決め手は、粉塵に強いという点。

工具の故障トラブルもありましたが、無事敷き並べ完了!
素人DIYにしては、意外と上手くいったかな。
170716_01現像


さて、これで終わりではなく、インターロッキングブロックのすき間目地を埋める仕上げが残ってます。
170716_02現像


ブロックの目地を埋める砂、その名も目地砂、まんまじゃん!
いわゆる珪砂と呼ばれる、細かい粒の砂です。
コンクリートに囲まれてるので、目地砂がなくてもズレる心配はないのだが、
せっかくなので、目地を埋めていきます。
170716_03現像


珪砂を適当にバラ撒き、ホウキで目地に入れていきます。
地味な作業ですが、せっせと目地を埋めていきます。
170716_04現像


地味に目地埋め完了!
170716_05現像


こうして、インターロッキングDIYの完成!
2箇所分の作業はちょっと時間がかかりましたが、満足度は高い!
170716_06現像


上から見ると、結構キレイな仕上がりになったと思う。
一番奥側が中途半端にすき間ができたため、とりあえずは砂で埋めておいた。
170708_05インターロッキング完成現像


この規模だと、材料は以下の通り、1箇所当たり数千円で済みました。
・スコップ大、小
・砂(細目):100kg×2箇所
・珪砂:15kg
・砂ならし&レベル調整用の木片(のこぎりで形状を工作)
・インターロッキング:78個×2箇所
・ゴムハンマー、皮手
・ディスクグラインダー、ダイアモンドカッター

最も大変だったのは、インターロッキングブロックを削って微調整する作業でした。
粉塵量がスゴイので、マスク、防護メガネ、耳栓が必須で、とにかく暑かった~

さて、次は何をDIYしようか。
キッチン換気扇の静音化か、外の散水栓→立水栓化か、ロール網戸の交換か・・・

テーマ : 分譲住宅・注文住宅・賃貸情報
ジャンル : ライフ

足場の無い2階窓に、YKKのアウターシェードをDIYで取り付け

家を購入してちょうど一年が経ち、改造・改善したいところが見えてきた。

まずは、西日対策。

我が家は四方に隣接した建物が無く、どちらかというと開放的で、
風通しや日当たりがとても良い環境なのだが、
夏の西日だけはどうにも我慢できないくらい暑い、というか熱い!

建売住宅なので、購入時に1階の大窓はシャッターを追加工事で取り付けてもらい、
そのおかげで、1階の西側の部屋は、シャッターで何とかなった。
今年はグリーンカーテンで、日除け&風通しも確保できそう。

2階の南側にはベランダと庇があり、西部屋の南窓は簡易シェードで覆うことができ、
まぁまぁな日よけ効果が期待できそう。

しかし、西部屋の西窓は庇も無く、窓のみなので、西日からの熱が強烈である。
階段も西側にあるので、階段途中の窓からの日射も同様に強烈だ。
西側はベランダも無いので足場も無く、窓枠も狭いので、シェード等の日除け対策を
どうやって取り付けようか、試案していた。

そこで、ホームセンターのリフォームコーナーを見に行ったところ、
リクシルのスタイルシェードなるものに目が留まった。
布+フック取付の簡易シェードよりは値が張るが、ロールスクリーン方式なので、
使わない時期は収納しておけるし、台風などの悪天候時にもすぐに収納できて便利そう。
外壁取り付けが一般的だけど、サッシ枠にも取り付け可能らしく、おさまりもスッキリ。
さすがメーカー純正、実物は見た目もイイ!

ただ、自宅のサッシはYKKなので、サッシ枠の規格が違う・・・
YKKで同じ商品を探したら、アウターシェードなるものを発見!

よくよく調べたら、窓枠取り付けが最も簡単で、外壁の穴あけ不要なので雨漏りの心配も無い。
問題は、足場無し状態でも、部屋の内側から施工可能かというところだ。

とりあえず、ホームセンターで見積をとってみた。
西部屋の西窓と、階段途中窓の2箇所分で、施工費込みで約10万円弱!
ちなみに、アウターシェードそのものだけでは、約5万数千円。

その差=2箇所分の施工費、約4万3千円。
高所作業だし、DIYは危険そうだから、施工も頼んだ方がいいのかなと思ったが、ちょっと高い。

一応、ネットで施工方法を調べてみたら、YKKのHPから説明書をダウンロードでき、
DIYでも何とかなりそうだし、位置決めもガイド付きシールで簡単そうだ。

という訳で、アウターシェード本体と、窓枠取り付けブラケットを2セット注文。
約10日で届きました。

さっそく、取り付け。まずは難易度の低そうな西部屋の西窓から。
サッシ枠にドリルで穴をあけ、ブラケットを取り付け、上側のシェード受け金物をねじ留め。
これは室内から見て左上側。
170708_09アウターシェードサッシ上側現像


こちらは、室内から見て左下側。
同様に穴あけ、ブラケット取り付け、固定フックをねじ留め。
ちなみに、穴あけ位置はシールを貼ってポンチを打つだけで位置だしできるので、
定規やメジャーなど無しで、超簡単でした。
170708_10アウターシェードサッシ下側現像


室内からの施工でしたが、1時間程度で取り付け完了!
最後のアウターシェード本体をブラケットに仮置きする時だけ、2人いると楽です。
ロールスクリーン形状ですが、シェードを閉める時は、下側の固定フックに引掛けるだけ。
なので半閉、半開状態にしたい場合は、途中にも固定フックが必要になります。
170708_11アウターシェードフック現像


最も注意した点は、窓枠にブラケットを取り付ける時で、小ネジをうっかり外に落とすと
見つけるのが大変そうです。
自分は運よく落とさなかったけど、予備のネジは付いてないので、かなり慎重に施工しました。
窓の外に身を乗り出すので、誰かに足を押えてもらう等、安全対策も忘れずに!

使用した工具類。使用順。
・3段くらいの小型脚立(高身長なら不要かも)
・ポンチ(今回は小型の+ドライバーで代用)、ゴムハンマー
・ドリル穴あけ時のサッシ裏当て用の木片、木片を留めるガムテープ
・電動ドリル、ドリル径4.5mm
・手回し+ドライバー
・電動ドリル用+ドライバービット

続いて、階段途中の窓ですが、こちらは室内の床=階段で不安定ですので、
サッシにまたがって施工しました。
嫁に足を押えてもらい、工具や部品を取ってもらいながらの施工ですが、
2箇所目で慣れたせいか、1時間で施工完了です。

さらに注意した点は、アウターシェードをブラケットに仮置きする時に、室内側はどうしても
1人しか作業できなかったので、本体を落とさないよう慎重に施工しました。

外から見ると、こんな感じ。
さすがメーカー製、サッシの色を合わせたおかげで、パッと見、目立たない。
170708_07アウターシェード現像


シェードの布地を、最も日射をカットするため、日射82%カットのブラウンを選択したので、
色が濃くて目立つかなと思ったが、そんなでもなかった。
下から見るとすき間があるようにも見えるが、このおかげで風通しが良いのだ。
170708_08アウターシェード現像

さて、一般的な簡易シェード数千円に対し、1箇所当たり約27,000円のアウターシェードの効果は・・・

・ロール式なので、強風時、悪天候時はすぐ開けることができる。
・午前中は西日がないので開けておき、昼前頃に閉めておけば、風通しと日射遮蔽を効率的にできる。
・冬など使わない時に開けておく時、目立たない。
・小さな庇代わりになり、雨天時は開けても閉めても、小雨程度なら防ぐことができ、風を通せる。
・サッシ枠付けタイプは、外壁に穴をあけなくて済むし、仕上がりがキレイ。

そして何より、
・日射遮蔽率82%は、この夏の炎天下でも、風を通しながらも、西日からの熱波を驚くほど防いでくれる!

嫁も、たまたま立ち寄った嫁の両親も、予想以上の効果に驚いていた。

西日対策に外付けシェード、オススメです!

ちなみに、西部屋の南窓は庇の出が小さく、同じシェードを取り付けようと思ったが、
幅4m以上をカバーするには2つ取り付ける必要があるのと、庇先端からベランダ手すりまで覆うため、
庇取り付けは難しそうなので、こちらは簡易シェードを両面テープ&結束バンド留めで妥協しました。
雨でも風でも、特に問題なく取り付いてます。

2018.7.4追記
このアウターシェード、2018年4月にリニューアルされたのね。
http://www.ykkap.co.jp/company/japanese/news/detail.html?s=20180327

2018.7.30追記
こちらのブログも参考にどうぞ。DIY作業を詳しく説明してます。
2018年にリニューアルされたYKKのアウターシェードをDIYで取り付け

次は、駐車場のインターロッキングのDIYかなぁ~

テーマ : 分譲住宅・注文住宅・賃貸情報
ジャンル : ライフ

プロフィール

ぷらり

Author:ぷらり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。