スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DIYで50インチのレグザを壁掛けしてみた

子供がハイハイで動き回るようになったので、
リビングのテレビ前にベビーサークルを置いてみたら・・・
180728_テレビ壁掛けDIY_01現像

テレビ台が低いせいか、画面下側がベビーサークルで隠れてしまった。

そこで、テレビを壁掛けしようと思ったが、テレビ裏の窓があるため、
一般的な壁掛け金具だと無理そう。

なので、Amazonで片持ちアームタイプの壁掛け金具を購入。
PERLESMITHというメーカーのPSMFK1-J、2600円という安さ。
180728_PSMFK1-J_01現像


木造、鉄筋コンクリート造どちらにも対応できるよう、様々なネジ類が付属。
簡易な水平器やHDMIケーブルまで付属だが、この価格の付属品では
信頼性が微妙なため、これらは使わなかった。
180728_PSMFK1-J_02現像


本体アームは剛性が高く、かなり丈夫そうだ。
耐荷重30kgは伊達じゃない!?
180728_PSMFK1-J_03現像


本体にも水平器が付いているので、取付時に便利そう。
180728_PSMFK1-J_04現像


これがテレビ側に取り付ける金具。
レグザ50M500Xの壁掛けボルト穴は、縦200×横400なので、この形状で使用。
上部中央の丸いフックで壁側のアームに引っ掛ける仕様。
180728_PSMFK1-J_05現像


テレビ側にロゴが付いてるが、隠れてしまう。
180728_PSMFK1-J_06現像


今回使用した工具はこちら。
電動ドリルと下地センサー。
180728_テレビ壁掛けDIY_00現像


まずは、テレビ背面の壁掛けボルト穴を確認。
180728_テレビ壁掛けDIY_02現像


そこに、テレビ側の金具をボルト留め。
この時点では仮留めです。
180728_テレビ壁掛けDIY_03現像


ボルトを本締めする時は、金具を上側に持ちあげながら本締め。
これは、テレビを掛ける作業時に、金具のクリアランスでテレビがずれないようにするため。
180728_テレビ壁掛けDIY_04現像


ここで、テレビ側の金物に、テレビ画面の中心高さ位置を出しておきます。
この位置に合わせて、壁側の金物高さを決めます。
180728_テレビ壁掛けDIY_05現像


壁の下地(柱)をセンサーで探したが、窓付近はいろいろと込み合っているため、
家の図面から柱の中心位置を割り出した。
そして、壁掛け金具のレベルを決め、ゴミ養生も忘れずに!
180728_テレビ壁掛けDIY_06現像


そして、壁&柱に5.5mmのドリルで下穴を開けます。
説明書通り上中下の3つ穴を開けました。
養生しないとゴミが散らかるので要注意。
180728_テレビ壁掛けDIY_07現像


上中下の3つ穴でも十分なボルト留めできそうですが、
構造的に重要な上側に、2本の木ネジを追加しておきました。
180728_テレビ壁掛けDIY_08現像


そしてテレビ側の金物を引掛けます。
180728_テレビ壁掛けDIY_09現像


引っ掛けたフック部分の下側のネジを留めて完成です。
180728_テレビ壁掛けDIY_10現像


テレビに繋げるHDMIケーブル、録画用HDDのUSBケーブル、イヤホン延長ケーブル、
ついでに電源ケーブルも、配線モールで目立たなくすることで、
まるでテレビが浮いているような感じになりました。
180728_テレビ壁掛けDIY_11現像


これで、ベビーサークルに邪魔されることなく、テレビを楽しめます。
180728_テレビ壁掛けDIY_12現像

この壁掛け金具、2600円の割に頑丈だし、左右180度向きを変えられ、
上下のチルト機構もあるので、観易い角度に調整可能です。

デザインも良さそうな日本メーカーの高い壁掛け金具と迷ったけど、
大画面のテレビだと金具が隠れてしまうため、デザインは無視して良いと思った。

2階寝室の42インチレグザも壁掛けしようかな・・・
スポンサーサイト

テーマ : デジタル家電・AV機器
ジャンル : 趣味・実用

ワイルドスピード ICE BREAKをDTS:Xで観る

先日、ジェイソン・ボーンをDTS:Xで観たら、音の情報量の多さに驚いたので、
今度は、ワイルドスピード ICE BREAKを観てみた。
180211_ワイルドスピードDTSX


ジェイソン・ボーンほどではないが、なかなか情報量が多いのではないか!

特に、EMPを盗んで逃走しながら、クレーンで吊るされた巨大鉄球で敵を蹴散らすシーンで、
鉄球が頭上をゆっくりとブラブラ移動する音や、その後の多々あるカーチェイスでは、
上下左右のクルマやら銃撃やら爆発やら、縦横無尽に音が移動していた。

以前、DTS:Xを試してみたくて、キングオブエジプトという、超B級映画をレンタルして観た時は、
内容のショボさも相まってか、音もイマイチに感じていた。
170326_キングオブエジプト現像


しかし、ビッグタイトルはお金を掛けられるからか、それとも音の収録技術が向上したのか、
ジェイソン・ボーンとワイルドスピード ICE BREAKは、DTS:Xを見直すきっかけとなった。

アトモスに出遅れた感があるので、今後DTS:Xがもっと普及してくれれば、
両者ともに、より良い音質になることを期待しよう!


ところで、気になるタイトルに釣られて借りた、お前はまだグンマを知らない という映画を観たが、
収録音声がまさかの2ch!
内容は非常にB級どころか低級で、深夜ドラマ以下、ギャグ漫画レベル。
最後はしょーもない終わり方。
とても笑えたけど、これって、映画化しない方が良かったのでは?

テーマ : デジタル家電・AV機器
ジャンル : 趣味・実用

アトモスよりDTS:Xの方が情報量が多い!?

久々にDTS:Xフォーマットで観たい映画をレンタルした。
170326_DTSX2現像


ジェイソン・ボーンと、ワイルドスピード ICE BREAK
どちらも映画館で観たのだが、お気に入りのシリーズなので、借りてみた。

まずは、ジェイソン・ボーンから。
どうやら、DTS Headphone:X にも対応している様子。
180210_ジェイソンボーン


アトモス仕様に合わせたスピーカー配置の5.1.4chでDTS:Xを聴いてみたが、なんだか情報量が多く感じる。

特に、冒頭のデモ隊と警官隊の衝突の中で、バイクとクルマのカーチェイスシーンで、
サラウンドとトップリアから、火炎瓶やガラスの割れる音などの細かい効果音が、これでもかと聴こえてくる。

今までアトモスでは感じられなかった情報量だ。
これは、ワイルドスピード ICE BREAKも期待できるかも?
楽しみだ!


ちなみに、現在のSC-LX59のアップスケーリング設定はこちら。
解像度を4Kにアップするだけで、60Hzではなく24Hzにしたら、カラーベースが24bitから36bitになった。
映画なら、この設定がちょうど良さそうだ。
180210_DTSX2現像



180210_DTSX現像


最近、リビングでゆっくり映画を楽しむチャンスが減ったので、2階のひと部屋を専用室にしようか検討中。
でも、リビングシアターはこのままにしたいから、もう一つアトモス&DTS:Xシアターを組んでしまおうか(笑)
今度は7.1.4chか?いっそのこと13.2chアンプでAuro-3Dか?
DENONのX8500Hが気になる・・・

こうやって新しいシステムを妄想するのが一番楽しかったりして・・・

テーマ : デジタル家電・AV機器
ジャンル : 趣味・実用

とうとう13.2chアンプが出るのか・・・

DENONから、X8500Hとかいう?、13.2chアンプ内蔵のAVアンプが出るらしい。
しかも、Auro-3D対応だと!?

そういや、パイオニアのSC-LX59を買う時に、DENONのX4300Hの発売を待つかどうか、
迷ってたのを思い出すなぁ~

最近の多チャンネル化したAVアンプの中では、DENONはコスパ良いと思う。
アトモス&DTS:Xで満足するなら、X4300HやX4400H、X6300Hあたりはオススメかも。
あとは、DENONの音場補正機能が、どれだけ優れているか・・・

逆に、パイオニアのLXシリーズは、型番が3ケタになったと思ったら、
LX501やLX502なんて7.2chにグレードダウンし、プリアウトも無くなり、コスパも悪くなった。
実質LX701が後継機なんだろうけど、ちょっと高くなったしなぁ~
でも、MCACC Proは、かなりの優れものなんだよねぇ~

やはり、SC-LX59を買っておいて良かったかな。

テーマ : デジタル家電・AV機器
ジャンル : 趣味・実用

パイオニアの音質改善機器DRESSINGをホームシアターで試す①

昨年末に、何となく購入したムック本付録の音質改善機器である『DRESSING』、
ハイレゾ対応のカーステ(ケンウッドのナビ)では、その効果を感じられなかった。
171228_パイオニアAPS-DR000T

様々な接続方法、音源を試してみたが、残念ながら自分のカーステ環境では、
何も変化を感じなかったので、ホームシアターで試してみようと思う。

ちなみに、ホームシアターは、決して高級ではなく、比較的安価にアトモス環境を
一般家庭で実現できるスピーカーやアンプだと思う。

現在の構成
5.1.4ch仕様(Dolby Atmos & DTS:X)

テレビ:東芝 50M500X
AVアンプ:pioneer SC-LX59
フロント:DENON SC-T55SG黒
センター: SC-C55SG黒
サラウンド:DENON SC-A11SG黒
トップフォワード:DENON SC-C55SG木目
トップバックワード:DENON SC-A11SG黒
サブウーファー:DENON DSW-2L

170123_シアターリア5.1.4写真現像

170123_シアターフロント5.1.4写真現像


上記のアトモス環境で、パイオニアの音質改善機器、付録バージョンのAPS-DR000Tを、
同じくパイオニアのAVアンプSC-LX59のUSB端子に挿してみる。
171231_DRESSING1.jpg

観たい映画ソフトが無かったので、とりあえずTV音源の歌番組を聴きながら、
APS-DR000Tを抜き差ししてみたが、やはり変化は感じられなかった。

同じパイオニア同士、期待してたのになぁ・・・
残念だ!

今回はTV音源しか試してないので、今度はBDのアトモス音源で試してみようと思う。

テーマ : デジタル家電・AV機器
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ぷらり

Author:ぷらり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。